青葉亭の牛タンシチューの感想

前回、青葉亭牛タンの柚子胡椒味を注文した際に、一緒にタンシチューも注文してみました。

あまり普段から牛タンシチューを食べないので、ワクワクしてました(#^.^#)

今日は青葉亭の牛タンシチューを食べてみた感想をレポートします。

 

青葉亭は前回もお話ししましたが、

仙台で有名な牛タン店「伊達の牛たん」の会社が運営するレストランです。

変わった牛タン料理をお取り寄せできるのが特徴です。

牛タンシチューは他でも取り寄せることができますが、

柚子胡椒味の牛タンが美味しかったので楽しみです。

 

こちらが牛タンシチューのパッケージ

DSC 02961 e1373868416579 225x300 青葉亭の牛タンシチューの感想

 

やはり和に通じた質素なデザインで、なんだかかっこいいですね。

 

DSC 0298 300x225 青葉亭の牛タンシチューの感想

 

中を開けてみると、デミグラスソースと一緒に真空パックされた牛タンが入っています。

説明書ももちろん同封。

 

DSC 0300 300x225 青葉亭の牛タンシチューの感想DSC 0301 300x225 青葉亭の牛タンシチューの感想

 

牛タンはしっかりとデミグラスソースに漬けこまれてそうです。

説明書にはお召し上がり方が。ありがたいですね(#^.^#)

解凍は冷蔵庫で行いました。半日もあれば解凍できます。

 

調理方法は至ってシンプル

DSC 0305 300x225 青葉亭の牛タンシチューの感想

 

調理方法は至ってシンプルで、

真空パックを沸騰したお湯の中に10分程度入れるだけです。

これならだれでもできますね。

 

完成しました!

DSC 03061 300x225 青葉亭の牛タンシチューの感想

 

あっという間に完成しました。

さすがに牛タンだけでは物足りないので、

塩ゆでした野菜も一緒に加えました(#^.^#)

ん~おいしそ~!!

 

分厚さと柔らかさ!

DSC 03101 300x225 青葉亭の牛タンシチューの感想

 

牛タンシチューの醍醐味はなんといっても牛タンの分厚さを堪能できるところ。

しっかりと煮込まれていれば、分厚くても簡単に食べれます。

青葉亭のタンシチューも分厚いです。大体1.5cm程度あります。

 

DSC 03111 300x225 青葉亭の牛タンシチューの感想

 

柔らかさも十分にあります。

箸で切ることことも全然できちゃいました。

 

オーソドックスなデミグラスソースが牛タンに良く絡む

さっそく食べてみると・・・うまい!

定番のデミグラスソースの味がしました。

決して奇抜な味ではありませんが、王道だからこそ外しません。

誰にでも食べやすい味付けだと思います。

 

コクがあって、味付けも丁度良い濃さです。

そこにとっても柔らかい牛タンに良く絡むので、

お互いのコラボをすごく堪能できます。

 

舌でつぶせる柔らかさ

牛タンはちゃんと柔らかく煮込まれているようです。

舌でつぶせるぐらいの柔らかさで、しっかり噛む必要はありませんでした。

それでいて牛タンのジューシーさはあるので、もの足りなさはありません。

 

臭みもほとんどない

タンシチューの利点は牛タンの独特の臭みを消すことができるところにもあります。

青葉亭の牛タンシチューも臭みはほぼないので、

臭いが苦手な方にも食べることはできると思います。

 

野菜といっしょで大体3人前ぐらい

DSC 0312 300x225 青葉亭の牛タンシチューの感想

 

上はMサイズのたまごと比較した、ひとつあたりの牛タンの大きさです。

ちょっとひとまわり小さいくらいでしょうか。

このサイズの牛タンが15個ほど入っていました。

 

今回のように野菜と一緒に合わせると、大人3人前ぐらいだと思います。

実際は他の料理とも合わせると思うので、

1つだけでも十分家族1食分にはなるかとおもいます。

 

食べやすい大きさにあらかじめなっているのは、

手間が省けて嬉しいですね(#^.^#)

 

青葉亭の牛タンシチューのレビューまとめ

万人受けするオーソドックスな牛タンシチューなので、注文する側には安心だと思います。

これといった欠点もなかったので、初めて牛タンシチューを注文するならおススメです。

調理時間も10分と短く、切る必要もないですから、ママにも助かります。

是非とも試してみてはいかがでしょうか。

 

サブコンテンツ

関連記事

このページの先頭へ